営業職社員 家庭用事業部

2011年入社 田中敢さん

にんべんの看板を背負って常に進化する姿勢を大切にしたい

にんべんの看板を背負って常に進化する姿勢を大切にしたい

インタビュー

業務内容を教えてください

家庭用事業部の営業担当は、食品卸売会社と取引をする事業部です。主に取引先のスーパーマーケットなどに販促提案や商品紹介を行っています。また、新商品の開発や、得意先によってはPB商品や専門商品の開発も行います。
商品の持つブランド力と認知度によって、バイヤーさまからも信頼をいただいており、商談はスムーズに進むことが多いです。反面、ブランドに恥じない結果も求められていますので、常に謙虚に、挑戦する精神を忘れないようにしています。
新商品の試食の際は、開発に携わった全ての社員の思いを背負って提案しますので緊張しますが、バイヤーさまに「美味しいですね」と言ってもらえるといつもホッとします。
ただ、美味しくても商品ですからやはり売上げが重要。そのために、売上げの裏付けが取れる市場データや類似店のデータを用意し、情報収集を絶えず行っています。

この仕事をして大変だったこと、また仕事のやりがいは何ですか?

やはりプレゼンや商談のための資料作成は大変です。しかし営業同志で資料や情報を共有しているので、効率的に業務を進めることができます。
また、ほかの社員が作成した資料を見ると勉強になりますし、社内は風通しが良いので戦略のアドバイスなども聞きやすいです。
この仕事のやりがいは、自分が美味しいと思った商品が売れたとき。食品業界に入る人は元々食べることが好き、料理をすることが好きな人が多いと思うんです。ですから自分が使って美味しいと思った商品が売れたときは嬉しいですね。
ほかにも、消費者の方から「にんべんさんの商品をいつも買ってるよ」と言われると、とても励みになります。

今後の目標と求職者へのメッセージをお願いします

今後の目標は、今まで取引をしていない小売店に少しでも当社の商品を置いてもらうこと。新しい市場を開拓することによって、多くの情報を得ることができますし、商品展開の可能性は無限に広がると思います。
営業の仕事には「こういう部分が売れなくて困っている」というような、相手の抱えている問題をしっかりとヒアリングできる人が向いていると思います。
にんべんでは未経験の方も先輩がついて教えてくれるので、安心して働くことができますよ。

WORK STYLE

8:30出社

メールチェックを行い処理の優先順位をつけます。

9:00内勤

見積もり作成、商談資料の作成などを行います。

10:00店舗巡回・食材の買い出し

商談に向けて取扱いアイテムの確認や、担当者の方への売れ筋商品の聞き取りをします。

11:30昼食

外出時は行き先にあわせて美味しいラーメン屋を探します。

13:00準備

商談に向け、試食を準備します。

15:00商談

得意先と本部商談。2カ月先の販促提案をします。また、新商品の試食紹介をします。

16:30帰社

試食の片付け、1日の仕事の整理、売上の進捗確認、翌日のスケジュール確認を行います。

17:00報告・打ち合わせ

商談での反応や、いただいた課題への対応方法について上司に相談し、今後の取り組みを考えます。

19:00退社

おつかれさまでした!

PAGE TOP